バストアップには豆乳がオススメ!

豆乳

バストアップには豆乳がいいと言われています。
でもなぜ、豆乳がバストアップにいいのでしょうか。
豆乳には、豆乳に含まれている大豆イソフラボンが、
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといいます。
ですので、豆乳を飲むことで、
バストアップや、胸にハリや潤いを保ちながら、
女性らしい、カラダの丸みを作り出すことができます。

 

豆乳にも、種類があります。
無調整豆乳と調整豆乳、豆乳飲料の3種類。
無調整豆乳は、丸大豆と水だけでできています。
大豆を味わいたい!という人にオススメ!

 

調整豆乳は無調整豆乳が苦手という人にオススメ!
無調整豆乳よりは癖もないので、飲みやすくなります。

 

豆乳飲料は癖もあるので、苦手な人もいるでしょう。

 

そして、豆乳を飲むのに一番ベストとされるタイミングがあります。
食事の前に取るといいと言われています。
寝る前にとってしまうと、逆に太ってしまうとも言われています。
これは、豆乳に結構カロリーが高いところにあります。
遅い時間には豆乳を飲むことは注意が必要です。

 

そのほかにも、飲む量も気をつけたいですね。
飲み過ぎてしまうと、イソフラボンの過剰摂取となってしまいます。
大豆イソフラボンの1日の摂取量は、一日70~75mgとされています。
無調整豆乳…68mg
調整豆乳…50mg
豆乳飲料…30mg前後
無調整豆乳や、調整豆乳の場合は、コップ1杯で十分クリアできてしまいます。
ほかにも食事の際に、大豆食品を摂取することもありますので、
豆乳からイソフラボンを摂取する必要がないときもあるかもしれませんね。

 

過剰摂取してしまうと、

  • 生理不順が起こる
  • 生理周期が長くなる
  • 乳がん、子宮がんのリスクが上がる
  • 子宮内膜増殖症(不正出血や出血過多)の可能性を高める

などの症状が出てきてしまうことがあります。
こういったカラダに影響を出さないためにも、バストアップしたいからといって、過剰な摂取だけは避けたいですね。