バストアップに女性ホルモンって必要不可欠?

女性ホルモンがバストアップに関係があるということを知っている人はいるかとは思いますが、
その女性ホルモンが2種類あるというころを知っていますか?

 

ポイント

バストアップに関わる女性ホルモンは、2つのうちの一つなんです。
その女性ホルモンは、エストロゲン
卵胞ホルモンの一種なんですね。
バストアップさせたり、肌をきれいにしたり、髪の毛にツヤをもたらせてくれたりします。
内面の部分でも気持ちを明るくさせたり、落ち着かせてくれる作用があるのです。

 

一方、もう一つの女性ホルモンが気になりますね。
その女性ホルモンは、プロゲステロン
黄体ホルモンとも言います。
エストロゲンとは違い、こちらは、妊娠の準備を整える役割を果たしています。
受精しやすい環境を子宮内で作っているのです。
そして、妊娠に至らなかったときに月経が始まります。

 

エストロゲンとプロゲステロンは、増えたり減ったりします。
エストロゲンが増えるのは、月経が終わる頃から、排卵が始まるまで。
そして、排卵が始まるとバトンタッチして、プロゲステロンの分泌が増えます。
月経前にむくんだり、体重が増えたりしてしまうのはプロゲステロンが関係しているのです。
そして、月経が終わる頃にまた、美のエストロゲンが増え、
明るく、ハリのあるバストにしてくれ、髪の毛や肌の調子もよくなるのです。